»

10月 10

ペット保険とは?

現代はストレスの多い社会です。そんな中でペットと共に暮らすことによって癒されている人は多いでしょう。今やペットは家族の一員、大切なパートナーと言っても過言ではありません。

しかし、家族の一員であるはずのペットなのに、病気や怪我をしても病院に連れていくときは家族同様に保険を使えるかというとそうではありません。動物病院での診療時にはペットといえども医療費はバカにはなりません。症状によっては毎日通院しなければならないこともあります。たとえ可愛い大切なペットでも、徐々に家計費を圧迫してきます。

 

そんなときにお薦めしたいのがペット保険です。ペット保険の発祥はイギリスです、現在では世界中に広まりました。日本では長年「ペット」という意識がなかったのですが、約30年くらい前から無認可の共済という形でペット保険が始まりました。その後ペット保険を専門的に扱う会社が出来たり、あるいは既存の損害保険会社が新規事業として参入してきたりと、ペット保険もさまざまな種類が販売されています。

基本的に人間の保険と同じで、「安い掛け金でペットのもしものときに備える」という形になり、掛け捨てがほとんどです。もったいないと思う方もいらっしゃるでしょうが、「万が一ペットが病気や怪我をしてもペット保険があるから大丈夫だから」とおまもり代わりに掛けているつもりの方が多いようです。

 

この記事ではそんなペット保険についてまとめてみました。日本ではまだ認知度が低いペット保険についてご理解をいただけましたら幸いです。